1. HOME
  2. ブログ
  3. 般若心経について解説

般若心経について解説

にわかにブームの兆し、般若心経。
でもその実態はあまり良く分かっていません。
お経じたい、馴染みにくく固いイメージがありますね。

そもそもお経って本来とても楽しくファンタジーな世界観だったりします。
読んでみると興味深い内容のものが多いですよ。

お経にはお釈迦様の前世物語があったり、戒めの言葉がエピソードを交えて語られていたり、人生の苦しみを軽減するアドバイスが詰め込まれたものもあり、ヨガの実践法なども書かれていたり、また、禁断の㊙情報が伝えられているものもあったりと、実生活に於いても役に立つノウハウ本に近いものがあります。

それらはお経の堅苦しいイメージを払拭する内容のものだったりするのです。

世界で最もメジャーなお経「般若心経」も実はそのファンタジーチックなストーリー構成を持った内容なのですよ!
写経したり法事で読誦されたりと良く聞くことはあっても般若心経って本当はどんなものか良く分かってないのが現状ですよね。

そこでここでは、般若心経というものをゼロから理解できるようにお話していきたいと思います。


般若心経を極めよう

般若心経は宇宙と繋がるマントラを伝授

般若心経には宇宙と繋がるノウハウが書かれています。
スピリチュアルブームの現代で、宇宙と繋がる瞑想・メソッドを行なう人も多くなり、それらを伝授するコーチや講座も増えて来ています。
ところが今から何千年も前にインドでは既にそのノウハウを人々に伝えていたのですね。

サンスクリット語で書かれたこのノウハウ本(お経)を、玄奘三蔵さまがインドから唐へ持ち帰って来て人生をかけて漢訳しました。

玄奘三蔵さまは西遊記のお師匠さんのモデルとなりましたね⭐


現在、日本でも多く読まれている般若心経は玄奘三蔵さまが漢訳したものです。
宇宙と繋がって天の智慧を授かるということを、2000年も前の人々はすでに生活の中で実践していたんですね。
私たちがいまスピリチュアルブームで行なっている実践に似ています。

仏教は究極のスピリチュアルなんですね✨

般若心経のストーリー構成は以下のようになっています。
たった266文字の中にこのような物語が展開されています。

:観音様(観音菩薩)が深い瞑想をしていると、この世の真理を悟ります。お釈迦様の弟子である舎利子(シャーリープトラ)に観音様はその脅威を説きはじめます。
:観音様は舎利子に、この世の真理「空」について淡々と述べていきます。
:「空」の極意を極めて行きます。(無無無と繰り返す部分です)
:さあ、宇宙と繋がろう!そのマントラとはこれだ!と、観音様は「宇宙と繋がる真言(マントラ)」を伝授します。そのマントラが「ぎゃーてーぎゃーてー」のくだりです。


冒頭に出て来る観自在菩薩とは一般的に言われている観音様のことです。

般若心経ストーリーの中での相関図では、
観音様は在家の仏教信者で、舎利子は出家の修行僧です。
舎利子は有名ですね、お釈迦様の一番弟子ともいわれている人です。

在家信者である観音菩薩が深い瞑想を実践していたら、この世の真理を悟ってしまった。
これはすごい、と言うことで、近くに居た舎利子にその極意を伝授しようとします。
舎利子よ、この世は全て「空くう」なんだ、と。

空(くう)は一言で説明が難しい深い概念を持ちます。
物質的に何も無い、ということではないのですが、皆無と混同しやすいので腑に落としにくい思想です。
その「もの」の本質を欠く、という意味が適合するのですが、それだけではしっくりきませんね。

つまり、私たちが見ている(と思い込んでいる)目の前の事象は全て実体的なものではなく(そのものの本当の姿ではない)、移り変わっていく流れの中のたった一瞬を見ているにすぎず、しかし私たちは残念ながらそれが永遠に不変・不滅であると勘違いしているのだ、と観音様は伝えます。

目の前のリンゴも、大好きな彼・彼女も、愛する家族も、頑張って貯めた大金も、車も家も、この自分でさえも。
それらはすべて無常であり、実体という確固たる「もの」では無く、期待と希望で固執して勘違いしている幻に過ぎません。

何と空しいんだ・・・と、嘆きたくなりますね。
その空しさこそが本質です。


目の前の財産も、彼女との関係さえも、無常です。永遠不滅ではない、と断言されてしまうのですから、本当に空しいです。

しかし、何と言おうとそれが真実です。
その真理に足掻こうとするから人間は苦しむのです。
絶対に手放したくない、と物や人に執着し、手に入れても更に欲が深まり永遠に苦しみのスパイラルの中にいるのが人間です。

この世は諸行無常、不変なものなどない、と悟れば、
この世の真の極楽(つまり真の成功)に到達できるというワケです。

その境地に辿り着こう!

その真の極楽に境地に到達するためのマントラが般若心経の極意になります。
その方法を包み隠さず伝授してくれているのですから、本当に有難い親切な本です。


即説呪曰(そくせつしゅわつ)➡ レッツマントラ!

ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてーはらそーぎゃーてーぼーじーそわかー

ここがマントラ部分です。


般若心経を毎日の日課にしよう

般若心経を人生のステータスにする

お経を朝晩唱えれば、毎日の生活がハイレベルステータスに向上します。
宇宙と繋がるマントラですから当然ですが、
お経を唱えれば徳が積めるという点も挙げられます。

般若心経は最強のマントラ、とも言われるべき所以です。
確実に運が向上していくことは肌身で実感できると思います。
私自身も般若心経は30年以上に渡って日々唱えていますが、
その功徳はちゃんと身をもって有難く感じさせて頂いています。

般若心経の功徳

個人的にお経を唱えて有難い出来事はたくさんありました。
私がお経を唱え始めたきっかけは、
十代の頃は日々霊現象に悩まされていて夜も寝られなくなり精神的に不安定になっていました。
その同じころ、身内に不幸もあったことからますます不穏な現象に耐えられなくなっていて、初めて霊能者と言われる人に委ねました。
その人は今でも私の初めての師匠として心の拠りどころとしている人です。

浄霊や除霊は一時しのぎのことでしかありません。霊媒体質の人は、一時的に除霊してもすぐにまた憑依されてしまいます。その繰り返しです。
ですのでその師匠が教えてくれたことは、

自分で自分の身を守るすべを身に付ける必要があるということ

何か恐い出来事があると人に依存しがちですが、これからの世の中は自分の身は自分で守ることが必要です。
それには、その「術」を見に付けることが重要なのです。
それは誰にでもできることなのですが、意外とみなさん知りません。

そして私は師匠からとある伝授を受けました。
霊や不浄なエネルギーから自分の身を守る防御法です。
それが「般若心経」でした。

その霊能者の先生は仏教徒ではありませんでした。
しかし、霊から身を守るには般若心経が最強だと言っていました。
私も当時は仏教家系ながら仏教を信仰しておらず、全く普通の人でしたが、霊が怖くて先生の言うとおりに実行しました。

お数珠を身に付けて、毎日、般若心経を唱えること、
これが最強の防御法なのです。



そしてその日にお数珠を買いに行き、
その日から既に30年以上もお数珠を身に付けながらお経を唱え続けています。

先日とうとう30年来のお数珠が切れました。
初めて自身で修理をしてみました。

般若心経を唱えるようになってから見事に霊現象がピタリと止みました。
本当に素晴らしい効力です!私は救われました。

般若心経のこのあまりにも凄い効き目とパワーに驚くと共に、その神秘性に魅せられてしまい、
般若心経サイコー説をずっと語り続けている毎日であります。

般若心経を唱えると悪いことから身を守ってくれるだけでなく、良いことも起きて来ます。
主にこんな感じです。

・運が良くなる。強運になる。金運も良くなります。
・徳が積めるので来世に有利
・脳トレになります。
・ご先祖が喜びます。ご先祖孝行ができます。
・不浄な霊やエネルギー、思念、などから身を守ります。
・天と繋がって天界の智慧(ラッキーヒント)が得られます。
・亡くなった人と繋がっている実感が持てます(これは本当に嬉しいです)


亡くなった人が居て悲しく毎日を過ごしている方は、ぜひ般若心経を毎日の日課にして頂くと良いと思います。


亡くなった人は全く居なくなってしまったのではなく、身体と言う物質が無くなっただけです。
お経を唱えるようになると、
すぐそこに居る!
ということが分かるようになります。
もう寂しくなんかありませんよ。

般若心経の意味

般若心経の意味はネットでも秀逸な訳が公開されていますので、正しい解釈はそれらの専門ページに委ねるとして、
ここでは我流で何となくその概念をお伝えできればと思います。


観自在菩薩が神聖なる深い瞑想の修行をしていた時、この世の真理を垣間見ました。
それはこの世の森羅万象すべてが「実体のない空(くう)」であるということでした。
私たちはそこに物が存在していると思い、そしてそれらを正しく見解していると思い込んでいるが、
それらは実際に存在していない、私たちはそのものの本質を見ていない、ということでした。

全てが空だから、この身体も実体のないもの、自分なんて(自分が感じているような自分)ものはない、
物や事象は全て空という状態であり、それは物質だけでなく、憂いや想い、感情、などのような心の動きさえも空なのです。

全てが空なのだから、私たちがいつも感じている「増えた!」とか「減ったぁ⤵⤵」とかも無いので、そのようなことで一喜一憂することもなく、心揺さぶられる必要はありません。
だから眼も鼻も耳も口も肌も無く、それらが感じとる現象も実際にはありません。
私たちが日々感じている出来事は実際ではなく、だからそれらに惑わされる必要はありません。

生きることもなく、死ぬこともないということです。
それらの現象に惑わされて悲しむ必要もありません。

私たちは実際ではない世界で、それがあたかも実際のように勘違いをして、それらに悩み苦しんでいるだけです。

本当の世界を感じてみましょう。真理は宇宙にあります。
その「答え」を知る必要があります。

天と繋がり、宇宙の智慧を授かって、そのまやかしの世界から逸脱して真理の世界の住人になりましょう。

宇宙と繋がるにはマントラを唱えれば良いだけ。
さあ一緒に唱えてみよう!

ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてーはらそーぎゃーてーぼーじーそわかー

これでみんな最強になれますよ。



宇宙と繋がる!


般若心経マスター講座

般若心経をマスターしてみませんか。
正しいお経の唱え方を覚えるため、
お数珠の選び方を知る、
お経の功徳を得てラッキーになるために、
お経を毎日の日課にして幸せになるために、

この最強マントラ「般若心経」を自分のものにしてみましょう!

関連記事

  • 関連記事はございません。