1. HOME
  2. ブログ
  3. 般若心経

般若心経

般若心経の内容

聖なる観音がいつものように修行である般若波羅蜜(六波羅蜜)を実践中、すごいことに気づいてしまった。

この世に存在するものはすべて五蘊(※1)という構成要素で成り立ち、それらは実は実体がない・・・ということを見抜いてしまったのである。

舎利子よ、
この世の物質的な現象は実は実体がないんだよ。実体がないからこそ物質的現象があり得るのだよ。

実体がないといっても、それは物質的現象が無いということではなく、実体がないということが物質的現象なのではない。

ということで、
だいたい物質的現象というものはすべて実体がないということである。そして実体がないということが物質的現象なのである。

これと同じく、感覚も表象も意思も知識もすべて実体がないということよ。

舎利子よ、
この世のすべての存在は実体がない、という特性を持つ。
生じるということも滅するということも、汚れたものでもなく、増えたり減ったりもない。

それゆえに、実体がないということは物質的現象もなく、感覚もなく、表象もなく、意思もなく、智慧もない、眼も耳も鼻も舌も身体も心もなく、かたちもなく、声もなく、香りもなく、味もなく、触れられる対象もなく、心の対象もない。

眼の領域から意識の領域にいたるまでことごとくないのである。

まよいもなく、まよいがなくなることもない。

こうしてついに、老いも死もなく、老いと死がなくなることもない、というに至るのである。

苦しみも、苦しみの原因も、苦しみを制することも、苦しみを制する道もない。
知ることもなく、得るところもない。
それ故に、得ると言うことがないので、
求道者の智慧の感性に案じて人は心を覆われることなく住している。
こころを覆うものがないから、恐れがなく、顛倒した心を遠く離れ、永遠の平安に入っているのである。

過去・現在・未来の三世にいます目覚めた人々は、全て智慧の感性に安じて、この上ない正しい目覚めを悟り得られrた。

それゆえに人は知るべきである。

智慧の感性の大いなる真言を。大いなる悟りの真言を。無上の真言、無比の真言は全ての苦しみを鎮めるものであり、偽りがなく真実であると。

その真言は智慧の完成において、次のように説かれた。

(ガテ―ガテ―パーラガテーパーラサンガテ―ボーディスヴァーハー)

智慧の完成の心の記し


※中村元先生の翻訳をまとめました

関連記事